忍者ブログ
法政大学小金井鉄道研究会の活動記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016年2月8日に今年最初のてっけんツアーとして埼玉県の大宮にある鉄道博物館へ足を運びました。平日ということもあり、週末のような大混雑はなく、比較的空いておりました。
館内には、1872年に日本で初めて新橋─横浜間を走った第1号機関車から最近まで活躍を続けた200系新幹線まで様々な車両が展示されていた。また、運転シミュレータやミニ運転列車などの各種体験ゾーンもあり、子供から大人まで1日中楽しめる場所である。
鉄博では1日2回、転車台上のC57型蒸気機関車が回転および汽笛吹鳴をするイベントが開催されるのだが、我々は幸運にもスタッフの方に声をかけられ、当会の会長がゲスト機関士としてイベント終了時の最後の汽笛を鳴らすという大役を授かった。今回のツアー1番の思い出であった。

以下、C57型の前にて、制服に着替えた会長と参加メンバーとの集合写真。
[文責:谷口]
PR
2015年6月7日、今年も武蔵丘車両研修場にて恒例の西武・電車フェスタ2015が開催された。
てっけんツアーとして会員同士でココを訪れたのは2年ぶりである。




一行は当日朝、所沢駅に集合した後に所沢発、武蔵丘車両研修場行の臨時列車に乗車した。この列車は鉄道モノマネ芸人の立川真司さんが車内でパフォーマンスを行うイベント電車であった。使用された車両は30000系。方向幕は臨時表示であったが、車内LCDには何と「武蔵丘ゆき」と表示されていた。これにはちょっと感動しましたね。
また、臨時列車は入間市駅で普段止まらない特急ホームに入線。ここでは後から来た「各停」飯能行の待ち合わせを行った。各停に抜かれるとは一体…。池袋線の終点飯能駅からは進行方向を変えて研修場のある秩父線へ入線した。



研修場で停泊中の西武の様々な車両や東急の「Shibuya Hikarie号」を横目に臨時列車は研修場内の仮設ホームに到着した。
西武・電車フェスタでは電車の台車や計器類、資料などの見学やトラバーサーの乗車体験、模型の展示、ステージイベント、関東の様々な鉄道会社のグッズ販売など内容は盛り沢山で楽しむことができる。台車入れの実演では我が小金井鉄研のOB(現在中の人)の良く分かる解説も聴くことができた。



トラバーサーの乗車体験は中々面白いものがありますよ!
午前中はかなり人が並んでいて大混雑でしたが、終了時刻も真近に迫るとお客さんも減るので並ばずにスッと乗車体験できちゃいます(笑)



一行は帰り際に研修場周りに立地する高麗ニュータウンなるものを見学し、高麗駅から池袋線直通の急行に乗車し、飯能へ。飯能からは東急車の快急に乗って所沢へ戻った。
その後、カラオケへ行ったり、OBと飲み会を行ったりと丸1日がかりの楽しいツアーとなりました。

[文責: 谷口]
5月のてっけんツアーは横浜市営地下鉄めぐりとなりました。
一同は湘南台に集合しました。一同は横浜市営交通の改札口を横目に、相鉄線の改札口に向かいます。
相鉄7000系
▲相鉄7000系 横浜駅にて

カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
twitter
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター

Copyright © [ てっけん’s ぶろぐ|法政大学 小金井鉄研 公式ブログ ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]